あっ!?を防ぐために今できること

自分で防水加工をする方法

iPhoneがあるととても便利ですが、いくつかある不満の中に防水加工されていない、という点を挙げる人も多いでしょう。そんな時は自宅でやれる防水加工を覚えておくと便利です。
まず、iPhoneなどの電子機器に使える防水スプレーを使ってみましょう。基本的には所有しているiPhoneにそのまま振りかければ良いだけなので、手間がかかりません。それから専用の袋に入れておくという手もあります。100円均一ショップなどにも売っているくらいですから、それほど高価なものではないです。おまけにいちいち袋から取り出さなくても操作ができるという優れものです。他にもiPhoneケースの中には、すでに防水加工してあるものが売っているため、試してみると良いです。

業者に依頼するなら知っておくこと

iPhoneに防水加工を施す業者がいるため、依頼してみるのも良い方法です。業者にもよるのですが、6000円から1万5000円前後でやってもらうことができます。ただし、防水加工をしてもらったとしても、基本的には生活防水レベルであると考えておく方が無難です。つまり小雨や水はね程度なら問題ないという意味です。
加えて、多くの業者は防水加工後の責任は負わないといった契約になっています。わざと水没させて故障したとしても、自己責任になるので注意が必要です。他にも、業者によってはiPhoneの中にある基盤を守ることを目的にしているケースも珍しくありません。そのため水没させた場合、データは残ってもiPhone自体は買い換えることになるかもしれません。