諦めたくないデータを諦めない

iPhoneを水没した時はあわてずに!

大切に扱っているiPhoneをふとしたことから水没させてしまっても大切なデータを守る為に適切な処置を迅速に行っていきましょう。
もし水没をさせてしまった時はすぐに電源を切ります。もし水没から引き上げた時に電源が切れていたら、壊れていないかを確認したくて電源を入れてしまいがちです。しかしiPhone内に少しでも水分が残っていますと基盤をショートさせてしまいますので絶対に電源を入れてはいけません。
電源を切ったら次はSIMカードを取り出します。SIMカードを無事に取り出すことが出来たらiPhoneに装着してあるケースやイヤホンもすべて外します。
あとはとにかく乾かしていきます。外部を優しく拭き取ったらジップロックの中に乾燥剤と一緒に入れて密封する乾燥方法が鉄板となっています。
電源を入れて動作確認をしたいところですがここはグッと我慢をして根気よく乾燥させましょう。

データ取り出しであなたの過去を守る!

いくら水没から引き上げてからの処置を的確に行ってもiPhone内に水分が入り込んでしまった以上、100%データが復旧出来る保障があるわけではありません。
となれば次に急いで行うことは、データの取り出しです。
PCをお持ちであればデータ復元ソフトを利用してiPhone内のデータを復元する方法があります。ソフトも様々ですので使いやすさやソフト料金などから選んでいきます。
次に各キャリアでの有償データ復旧サポートを利用することです。外出先で水没させてしまった場合はご自宅に帰るより近場のキャリアショップに持ち込んで相談をする方が早く対応が出来ます。
最後は修理屋さんに持ち込む方法です。キャリアショップ同様、街中でお店を開いています修理屋さんの中にはデータ復元もしてもらえる店舗がありますので近くに見つけることが出来れば、持ち込んで早く処置をしてもらうことが出来ます。

iPhoneが水没してしまったら、まずは電源を切って水気をふき、よく乾かしてから修理店へ持っていくようにしましょう。